手帳

10月になりました。


早いもので今年も残すところ3ヶ月です。


突然ですが、皆さんは手帳を使っていますか?


先日、書店に行ったら来年の手帳の特設売り場ができて、様々な手帳が山のように並んでいました。


日ごと別、週別、月別にと書き込みのタイプが違うものがあったり、


大きさも手のひらサイズから、ノートサイズまでいろいろ。


表紙も単色の色展開から、お洒落な柄のデザインまで。


さらにはサラリーマン向けから主婦向けのページ構成があったりと、


よくもまあこれほどの種類があるものだなと感心します。


実際に手帳売り場に立つと目移りして迷うほど。




とは言え、僕は毎年使う手帳は決まっていて、いつもなら年末に慌てて買っていたのですが、今年はちょうどいい機会だからと早めに購入しました。

購入したのは何の変哲もない普通の手帳で、月ごとに書き込みができるタイプです。

ただ一つ、どうしてもこだわるのは「月曜始まり」。


理由は簡単で、仕事は月曜から1週間が始まるし、プライベートの予定は土日セットが多いから。


だから、「月曜始まり」だけは絶対に譲れません!(笑)


いつも、このタイプの手帳を使っているのですが、


かれこれ10年以上愛用しているのは、手帳で有名な「高橋書店」のリベルシリーズ。


使い慣れていることもありますが、スケジュールを書き込むにも使い勝手がよく、無駄なページがない程よい薄さで、机上でも携帯にも適しています。


仕事もプライベートもスケジュール管理はこの手帳のみ。


もう、なくてはならない存在になっています。


時々、過去に使った手帳を開いて、真っ黒に書き込んだスケジュールを見て思い出にふけったりすることも。(笑)


知らない間に10数冊たまった手帳は自分のアーカイブ。


とは言い過ぎでしょうか。


皆さんはどんな手帳をお使いでしょうか。


スケジュール管理はスマホで、


という方も最近は多いと思いますが、


自分の字で書き込んだ手帳は、アナログ感があり愛着も沸くもの。


もちろん、データ消去する心配もありませんしね。


来年に向けて自分にぴったりの「相棒」を見つけてみてはいかがでしょうか。


おすすめの高橋書店の手帳はこちら