桜の古木

夜明けまで降り続いた雨は上がったものの、空一面にグレーの雲が残る朝。


まだ濡れた道を愛犬と散歩に出かけました。


いつも通る土手に立つ1本の桜の古木。

見上げると、ほとんど落葉して枝だけに。


わずかに残る葉が必死にしがみついているかのよう。

夏の青々と葉が茂った姿から一変。


あらわになった枝が互いに交差して、どこかグラフィックな様。


グレーの空を背にした枝のシルエットに美しさを感じ、


思わず「うわぁ、きれいだな。」

この季節にしか見ることができない、桜の飾らない姿。


しばし立ち止まって見ていると、足元で愛犬が急かす素振り。


半年後、春の姿を想像しながら、桜の古木を後にしました。


今まで気づかなかった桜の美しさに、ちょっと得した気分です。