花屋らしく?

フラワーノートは交通量がそこそこ多い県道沿いに面しているのですが、初めて当店にご来店いただいたお客様のなかには、


「やっとお店を見つけました-。」とか、


「気づかずにに 2,3回お店の前を通り過ぎました-。」


などの言葉をいただきます。


それも、かなり多く。


そのたびに、「わかりずらくて、すみませ~ん!」(汗)


と、お詫びしているのですが、


なぜ、お店がわかりずらいのか?


ふと考えてみました。


思い当たる理由はふたつ。


①お店の看板を出していない。


②お店の外に花や植物を一切置いていない。


との理由で、およそ花屋には見えないからではないか、と。


そう言えば、よくカフェや服屋さんと間違えられます。(汗)


一応、ショーウィンドウのガラスに30㎝程度の小さなサインはあるんですけどね…。


一般的な小売業においての集客を考えると、まったくセオリーに反するのでしょうが、諸事情によりこういうスタンスで営んでいます。


と言っても、とくに深い理由はないのですが。(笑)


それでも、初めてご来店いただくお客様にご迷惑をお掛けしてもいけないと思い、今回検討に検討を重ねた結果、対策をとることにいたしました。


その秘策とは!

じゃ~ん!オリーブの木を一鉢置いてみました!


「お~っ。」


「花屋らしい~。」


『一目瞭然、花屋~。」


という声が聞こえてきそうです。


これで、初めてお越しになるお客様も迷わず当店を発見していただける、


と、確信しております。


(ほんまかいな。)


今後、フラワーノートの目印は「オリーブの木」と覚えていただければ。


よろしくお願いします!

あっ、一応オリーブの木も商品として販売します。


ちゃっかりと。(笑)