素敵なバラ、あります。

3月に入り、最高気温が15度を超えるようになりました。


少しづつ春の足音が聞こえてきそうな今日この頃です。


さて、フラワーノートでも少しづつ春色の花が増えてきました。


暖色系の花は温もりを感じると同時に、気分も明るくさせてくれます。


そんな数ある花の中で今回ご紹介するのは、バラ。


当店ではどちらかと言えば、花びらが幾重にもなる八重咲きタイプのバラが多く入荷します。


というか、そういうタイプのバラを好んで仕入れているだけですが。(笑)


まん丸とボリュームがある姿で咲く様は豪華でありながら可愛らしさも感じます。


いわゆるオールドローズ風のバラが好き、という方も多いのではないでしょか。




まず最初にご紹介するのはカタリナという黄色いバラ。

鮮やかな黄色が特徴のカタリナは、それだけでもインパクトがあり目を引きます。


そこに飾るだけで一気に明るくポジティブな雰囲気にしてくれます。


また、ブラウン系のペーパーでざっくりと包んで花束にするとカッコイイ感じにも。


男性が持っても様になるバラ、カタリナ。


友人や家族の男性へのギフトにもおすすめです。




逆に、とても女性的で優しいピンクの色合いのバラ、エレガントドレス。

名前のとおり、少し向きをかえて見ると優雅なピンクのドレスのよう。


部屋に飾ればちょっとセレブな感じに。


上品さが漂うエレガントな女性へのプレゼントにもぴったりです。




さて、同じピンクでも濃い色合いのバラがこちらのラブラビリンス。

どちらかと言えば、大人の女性に合うピンクです。


ネイビーやブラックなどダーク系のペーパーでにシンプルに包むと、かなり大人の雰囲気の花束に仕上がります。


ラブラビリンス(愛の迷宮)とは、なんとも意味深な名前のバラ。


そんな花束を女性に渡して愛の迷宮に迷い込みたいものです。(妄想)




それはさておき、色のグラデーションがきれいでおすすめなのが、ソプラノというバラ。

花の中心のくすんだ黄色から、外側のサーモンピンクへのグラデーションについ目を奪われます。


あえて他の花とは合わせずに、少しだけグリーンを添えた花束にすれば、より色の変化が伝わると思います。


ちょっと特別感がある花束にぴったりです。




ということで、4種類のバラをご紹介しました。


同じ八重咲きのバラでも色によって雰囲気が全く違うのが魅力的ですし、ネーミングも素敵なものばかり。


まだまだご紹介したいバラがありますが、今回はとりあえずここまで。


このように、フラワーノートでは色んなおすすめのバラをご用意しています。


また入荷次第、ブログやインスタでご紹介していきますのでお楽しみに!