海の向こうから

早いものでゴールデンウイークから始まった5月も終わろうとしています。


以前、母の日にアメリカからのご注文で、日本在住のお母様にボックスフラワーをお届けしたことをブログでもご紹介しました。


先日、そのアメリカのお客様から再び英文のご注文メールが届きました。


もうすぐ、そのお母様の誕生日ということでお花を贈りたいとのこと。


リクエストは白い胡蝶蘭の花鉢。


お届け日や予算などをメールでやり取りしたあと、花市場で胡蝶蘭を仕入れました。

そして、お届け前に商品画像をアメリカへ送信して確認していただいたところ、


ご注文主の娘さんから、胡蝶蘭に大変感激した内容の返信をいただきました。


英文だと並べられた単語から、とても喜んでいる様子がストレートに伝わるから不思議です。


そして当日、お母様に胡蝶蘭をお届けにあがったところ、大変喜んでいただき、さっそくその場でアメリカの娘さんとLINEのビデオ通話が始まりました。


嬉しそうにスマホで胡蝶蘭を撮って娘さんに見せるお母様。


しばし、目の前で繰り広げられた親子の会話は、当然聞き取れないほど流暢な英語で内容はわかりませんだしたが。(汗)


でも、遠いアメリカとの楽しそうなビデオ通話を見ていたら、こちらも嬉しくなりました。


帰り際、お母様から日本語で「ありがとうございます。」とお礼をいただき、


こちらも、「HAPPY BIRTHDAY!」と。


お店がオープンしてちょうど半年。グローバル化しつつあるフラワーノートです。(笑)