夏の終わり

つい最近まで酷暑続きの日々でしたが、ここ数日は朝夕に涼しさを感じるようになりました。


あんなに寝苦しかった夜もエアコンなしで過ごせるまでになっています。


今年も暑かった夏が終わりに近づき、次の季節の気配も感じる今日この頃です。



振り返れば、今年の夏もプールに海キャンプ、花火大会など思いっきり夏を満喫し、素敵な思い出を作ることができました。



夏がほかの季節とは違い不思議と気分が高揚するのは、単に気候のせいだけでなく、子供の頃に経験した楽しかった夏休みの記憶が、大人になった今でも心の片隅に残っているからなのでしょう。


たしかに大人になれば、あまりの暑さに外出をためらいがちになりますが、童心に帰り太陽の下で海やプールにと、この季節でしかできない遊びを楽しめば、不思議と心も体も若くなった気持ちになります。


きっと遠い昔の夏休みの、あのワクワク感が心によみがえるからかもしれません。



そんな、楽しくも短い夏の終わりになると、山下達郎の「さよなら夏の日」なんかをつい口ずさんで、ひとりセンチメンタルになっている自分がいます。(笑)


歌詞のフレーズにある「一番素敵な季節がもうすぐ終わる」


何歳になってもこんな名曲を聴きながら、夏の余韻に浸れる気持ちをもっていたいものです。