ダズンローズ

ダズンローズという言葉をご存じでしょうか。


その昔、ヨーロッパでは男性が女性に求婚する時に、野に咲く花を12本摘んで向かい、相手に渡したといいます。


12本の花にはそれぞれに意味があり、


「感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠」


これらすべてをあなたに誓います。私の妻になってください。


という誓約を込めてプロポーズしたとのこと。


その習わしが、いつからか12本のバラになり、


12本(1ダース)のバラ=ダズンローズ


になったそうです。


ちなみに、女性が求婚を受諾したときには、そのうちの1本を男性に渡したそうで、それが新郎が胸につけるブートニアの始まりだとか。


なんともロマンチックな話ですが、今ではプロポーズはもとより、披露宴の演出としてもダズンローズは登場して花婿から花嫁に渡すようになりました。




さて、先日のことに若い男性のお客様がご来店されました。


話を伺うと、今度彼女にプロポーズをするのだけど、その時になにかプレゼントも一緒に渡したいとのこと。


そこで、ご提案したのがダズンローズの花束。


お客様は快諾され、お作りした花束がこちら。

10本の濃いピンクのバラが2本の淡いピンクのバラを囲んだデザイン。


もちろん、2本のバラはお二人を意味して。

そして、ピンクの濃淡の花を包むのは濃いネイビーのペーパー。


ちょっとシックなラッピングがよりピンクのバラを際立て、大人の雰囲気になりました。




お客様はこのダズンローズの花束を手に、いざプロポーズへ。


その結果はいかに…。




後日、お客様がご来店され、


オッケイでした!彼女も花束喜んでいました!


とのこと。


おめでとうございます!


こちらとしても、ホッとひと安心。


人生の節目にもなりうる大事な場面での花束ですから、


責任をもって作らせて頂きました。


末永くお幸せに!



プロポーズにはフラワーノートのダズンローズを。


現在、成功率100%でございます。(笑)