こどもたちにクリスマスを。

早いもので今年も残すところ2週間となりました。


振り返ってみると、今年は春先から某ウィルスが世界中に広がり、生活や健康、経済などあらゆるものを混乱させ、かなり疲弊した1年でした。


日本でもいまだ感染者数は増え続ける一方で、いつ収束するのか全く先が見えない状況です。


この先も様々な不安を抱きながら生活していかなければいけないのですが、大変なのは大人だけでなく、将来を担う子供たちも同じです。


今年は大切な学校行事である入学式や卒業式、運動会などが感染リスクのため中止になったり、臨時休校の影響で夏休みが少なかったりと、子供たちにとっても我慢の1年だったと思います。


とくに、卒業生にすれば一生の思い出にもなる修学旅行までも中止になる事態。

かたや大人たちは国が主導するGOTOキャンペーンで旅行に出かけるという、なんとも矛盾したことが起こっています。


これでは素直に大人たちの言うことを聞き感染予防をして、楽しみも我慢していた子供たちがあまりにも可哀そうです。


追い打ちをかけるように、先日のニュースではコロナの影響で今年はサンタクロースは来ないかもしれないという記事が。まぁ、本場フィンランドのサンタさんも高齢で海外への移動も制限されている状況では致し方ありません。


とは言え、ここは大人たちが奮起して子供たちに夢と希望に満ちた素敵なクリスマスにしてあげたいもの。けなげに頑張ったこどもたちにサンタさんからプレゼントが届くことを願うばかりです。


大変だった1年の最後くらいは素敵な時間が過ごせますように。


メリークリスマス。